eyeCandy(アイキャンディ)のマスクをボルダリング用として買った

かわいいハンドメイドの1点ものチョークバッグで有名なeyeCandy(アイキャンディ)から、ひんやり夏向けのスポーツマスクが登場しました。

クライミング用のチョークバッグを作製しているアイキャンディですから、ボルダリング中の使用感にも期待ができそうと思い購入してみました。

ボルダリング中の使用や、着け心地について感想を書いていきますので、購入を考えている方は参考にしてください。

目次

eyeCandy(アイキャンディ)からマスクが登場

かわいいチョークバッグで有名なeyeCandyから夏向けのスポーツマスクが登場しました。

コロナウイルス感染拡大防止のため、ボルダリングジムでのマスク着用が義務づけられています。

しかし、マスクをして登ると、息苦しかったり暑かったりすると感じている人が多いでしょう。

アイキャンディのマスクは、ひんやり接触冷感のクールコットンが使用されていますので、夏でも比較的快適に使用できると期待できます。

実際に購入をしてみましたので、着用してみての感想を書いていきたいと思います。

eyeCandy(アイキャンディ)のマスクのデザインやサイズは?

アイキャンディの夏用スポーツマスクは、チョークバッグのおしゃれなデザインとは違い、ロゴのみが入ったシンプルで使いやすいデザインとなっています。

カラーは、グレーとオフホワイトの2色。

サイズは、約18cm×12cm(耳ゴム部分を除く)

二重構造となっており、内ポケット付きです。

洗濯は、中性洗剤で手洗いをして、日陰干しを推奨されています。

価格は、1,300円(税別)

おしゃれなメーカーが出している洗えるマスクとしては、お求めやすい価格となっています。

eyeCandy(アイキャンディ)マスクの使用感

アイキャンディのマスクの使用感

アイキャンディのマスクを着用してみた最初の感想は

柔らかい…

素材がとても柔らかくて、肌への刺激も少なく、着用のストレスはなさそうだと感じました。

実際に、使い捨てのマスクと比べても、肌触りが抜群によくて、むしろ気持ちがいいくらいです。

耳にかけるヒモの部分も柔らかい素材なので、使い捨てマスクでよくある、耳が痛くなる現象も抑えることができます。

ヒモの部分は伸縮性があるゴムになっておりますが、僕の場合、ちょっと大きくて遊びがありました。

もしかすると女性が着用したら、大きいと感じるかもしれません。

内側には、ポケットがあり、布生地だけでは不安という方は、不織布ガーゼなど入れて使うことができますが、布だけでも大丈夫という方には、ちょっとごわついた感じがして、気持ち悪いかもです。

僕も多少のごわつきを感じています。

出典:eyeCandy

ボルダリング中に使用してみると、使い捨てマスクよりも呼吸がしやすく、肌触りもいいので、ストレスがかなり軽減されます。

僕の場合、少しサイズが大きいと感じていますので、激しい動きをした時には外れるかと不安でしたが、今のところ外れることもありません。

eyeCandyの公式サイトに

天然の綿100%生地なので蒸れにくく、あたたかい呼気でマスク内部がジメジメしてしまうということはほとんどありません。

出典:eyeCandy

こう書いてありますが、本当にその通りで、内部がジメジメしてしまうことがなく、暑い夏でも快適にボルダリングができるマスクの筆頭なのではないでしょうか。

使い捨てマスク、洗えるマスクを含めて、今まで使った中では一番快適です。

これからの暑い季節、大活躍してくれること間違いないでしょう。

正直、すぐに汚れるボルダリング用にするにはもったいないと感じました。笑

でも実は、売り切れることを予想して2個買いましたので、ボルダリング用と普段使い用に分けて着用しています。

eyeCandy(アイキャンディ)のマスクで快適な夏クライミングを

ボルダリング中につけるマスクを探していましたので、運よくアイキャンディのマスクを買うことができたことを嬉しく思います。

今年はマスク着用で、暑くて苦しい夏クライミングになると思っていましたが、これでかなりラクになりそうです。

販売開始直後にも関わらず、グレーが売り切れ状態になっており、オフホワイトしか買うことができませんでした。

できれば、ボルダリング用はグレーにしたかったので、再販に期待をしています。

どこも、よさげな洗えるマスクはすぐに売り切れてしまいますので、販売予定がわかればこまめにチェックしておいた方がいいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる