最強のクライミングパンツを紹介!【安い!登りやすい!】

  • ボルダリングの時に履くクライミングパンツを探している
  • 動きやすいクライミングパンツを探している
  • クライミングパンツにあまり高いお金をかけたくない

こんな方におすすめのクライミングパンツを紹介したいと思います。

アウトドアブランドや、クライミングブランドから出てるクライミングパンツって高くないですか?

普通に1万円以上しますよね。

しかも、高いからといって決して登りやすいとは限りません。

ですが、今回紹介するクライミングパンツは「安くて登りやすい」です。

デザインもデニム生地でかっこいいという最高のクライミングパンツです。

僕も僕も3年以上愛用しているクライミングパンツなので、ぜひ参考にしてみてください。

ブランドにこだわらず、安くて登りやすいクライミングパンツを探しているという人は1回買ってみるべきです!

 のアイコン画像 

クライミングパンツ紹介しているサイトは、ただ有名なクライミングブランドのパンツを集めて載せているだけです。ここでは、僕が実際に履いている本気でおすすめできるクライミングパンツ1つのみを紹介していきます。

目次

最強のクライミングパンツを紹介したい!【安い!登りやすい!】

僕の履いているクライミングパンツは、『Re-Ap(リ・エーピー)』のナロークライミングデニムパンツです。

3色展開(インディゴ、ブリーチ、ワンウォッシュ)されており、少しブリーチ加工もされているのでおしゃれに着こなすことができます。

では早速、『Re-Ap(リ・エーピー)』のナロークライミングデニムパンツの特徴を紹介していきます。

特徴はこの3つ

  • 価格が5,000円以下と安い
  • ストレッチ素材で登りやすい
  • ホールドや岩に擦れても簡単には破れない

クライミングパンツに必要な要素が全て揃っているにも関わらず、5,000円以下で買えるという素晴らしさがあります。

これでダサかったら履くのをためらいますが、細身のデニム生地なので普通にかっこいいです!

いや、むしろかわいくておしゃれといったデザインではないでしょうか。

細身だから動きにくいということはなく、ストレッチ素材なので、足上げもしやすく、膝が引っかかることもまずありません。

股の部分は『ガゼットクロッチ』となっており、足上げがラクなことはもちろん、開脚もスムーズにすることができます。

個人的に、足技を使って登るクライミングスタイルなので、ガゼットクロッチはクライミングパンツ選びには必須です。

さらに、『Re-Ap(リ・エーピー)』のナロークライミングデニムパンツは、丈夫さも際立っています。

同じパンツを岩場メインで3年くらい履いていますが、ホールドや岩に擦れても破れたことはありません。

(シーズン中は、月3回~4回くらい岩場に行っています)

また、何度洗ってもデニム生地なので、コットン素材などによくある、色が剥げてきたというような問題も気になりません。

むしろ剥げてきても味が出てきたと思えます。笑

安くてもすぐに傷んでしまうクライミングパンツならコスパが悪いですが、『Re-Ap(リ・エーピー)』のナロークライミングデニムパンツはかなり丈夫なので、コスパも最強クラスです。

ブランドにこだわらない方には超おすすめのクライミングパンツと言えるでしょう。

ここまでいいことばっかり、書いてきましたが、しいて悪いところをいうとするなら、クライミングブランドのパンツではないので、『どこのパンツ』とブランド志向の人にバカにされるくらいです。

(もちろん、今までにバカにされた経験はありませんが。笑)

デメリットもほぼないので、『安くて動きやすくて丈夫』なクライミングパンツを探している方はぜひ購入してみてください!

※ワンウォッシュは、ストレッチが効いてないので、インディゴ、ブリーチと比べて登りやすさは落ちます。

実店舗で売っているのは見たことがありませんので、購入はAmazon,楽天,Yahoo!ショッピングになると思います。

それぞれのリンクを貼っていますので、販売ページも参考にしてください。

ナロークライミングデニムパンツのサイズ選びについて

『Re-Ap(リ・エーピー)』のナロークライミングデニムパンツは、M,L,XLの3サイズあります。

『Re-Ap(リ・エーピー)』のナロークライミングデニムパンツサイズ表
サイズ/cmウエスト股下裾幅股上ワタリ
M76~84731625(マチを入れると32)29
L80~88761726(マチを入れると33)29
XL82~90771827(マチを入れると34)31

※カラーは3色(インディゴ、ブリーチ、ワンウォッシュ)

僕は、身長172cm、体重56kgでMサイズを着用しています。

素材的にストレッチが効いているためピタッとしていますが、履いてみると少しゆとりのある感じです。

※ワンウォッシュの場合は、少し大きいと感じます。

ストレッチが効いているため、なるべくぴったりのサイズで履くことをおすすめします。

僕の場合、ぴったしのサイズでも膝が引っかかったりすることはありません。

※ワンウォッシュは、少し引っかかります。

サイズ選びの参考にしてください。

どんなクライミングパンツを買えばいいの?

クライミングパンツの選び方

ここまでは、僕が最強におすすめする『Re-Ap(リ・エーピー)』のナロークライミングデニムパンツを紹介してきました。

僕はデザインやブランドよりも、安さ、登りやすさを重視してクライミングパンツを選んでいます。

だから、あのクライミングパンツを気に入って愛用してるんですよね。

でも、やっぱりグラミチとか、ロックスとか、heavy.(ヘビー)とか、inga(インガ)とか、クライミングブランドのおしゃれなクライミングパンツを履きたいという方もいるでしょう。

そんな方はどんな基準でクライミングパンツを買えばいいのか?

ポイントは以下の3つです。

  • ストレッチ素材
  • ガゼットクロッチ
  • 丈夫な素材

先ほども紹介しましたが、クライミングパンツは動きやすくなければ意味がありません。

「ストレッチ素材+ガゼットクロッチ』は必須でしょう。

特にストレッチ素材かどうかは確認しておいた方がいいです。

クライミングパンツと書かれていても、ストレッチ素材ではなかったり、ストレッチ素材でも申し訳程度に伸びるくらいのパンツもたくさんあります。

失敗しないためにも、必ずストレッチ素材かどうかは確認しておきましょう。

また、丈夫な素材であることも重要なポイントです。

ボルダリングをしているとホールドや岩に擦れてズボンが傷んでしまうことがあります。

特に岩場に行く方は、怪我を防止するためにもなるべく丈夫な素材を選んで履いていることでしょう。

そこでおすすめはデニム生地のクライミングのパンツです。

デニム生地だとそう簡単に裂けたり破れたりすることはありません。

僕もデニム生地のクライミングパンツで外岩に行っていますが、破れたことはありません。

相当な事故が起こらない限りは破れることはないのではと思います。

デニム素材のクライミングパンツで登っているとなんかスマートでかっこいい印象があるのでおすすめです。

デニム生地のクライミングパンツは、各ブランドから出ていますので、チェックしてみてください。

逆におすすめできないのはナイロン素材のクライミングパンツです。

軽くて登りやすいのは確かですが、圧倒的に破れやすいです。

もちろん、かなり丈夫なものもありますが、それは値段も高いです。

安くて丈夫なナイロン生地のクライミングパンツは未だに見たことがありません。

ということで、具体的におすすめのクライミングパンツをまとめるとこうなります。

  • ストレッチ素材
  • ガゼットクロッチ
  • 丈夫な素材(ナイロンは微妙)

ストレッチの効いたデニム生地のクライミングパンツを選ぶと間違いないでしょうね。

 のアイコン画像 

デニム生地は、夏場暑いというデメリットはあります。

もちろん、ブランドにこだわらないのであれば『Re-Ap(リ・エーピー)』のナロークライミングデニムパンツがおすすめです。

クライミングパンツを買うなら半ズボン?長ズボン?

クライミングパンツを買う時に半ズボンか長ズボンで迷うことがあると思います。

そんな時は、あなたのクライミングスタイルによって決めるといいでしょう。

基本的に以下のように考えておけばOKです。

  • ジムならどちらでもOK
  • 岩場は長ズボンを推奨

ジムでしか登らない方は、半ズボンの方がラクに登れるでしょう。

逆に岩場に登りに行く方は半ズボンを履いていくとデメリットが多いです。

外岩の持ち物や服装は?【最低限必要なものとあると便利なものを紹介】にも書いていますが、以下のような理由で、長ズボンを履いていった方が安心です。

  • 擦り傷を防ぐため(ジムよりもひどい擦り傷になる)
  • 虫刺されを防ぐため
  • アプローチで草や木の枝、石などで怪我をしてしまう恐れがあるため
    ※なかにはトゲがある草や木があり、半ズボンだとひっかかってしまい思ったよりも深い傷になることも。

ジムでしか登らない方は、半ズボンでも長ズボンでもOK!岩場でも使いたい方は、長ズボン!

初心者の方でも、これを覚えておけばクライミングパンツ選びに失敗する可能性は低くなるでしょう。

履いたら感動するクライミングパンツを買ってみて

今回は、僕が最強におすすめする『Re-Ap(リ・エーピー)』のナロークライミングデニムパンツについて紹介をしてきました。

  • 価格が5,000円以下と安い
  • ストレッチ素材で登りやすい
  • ホールドや岩に擦れても簡単には破れない

と、かなりコスパもよく使いやすいので、クライミングパンツを探している方は履いてみてください。

履いてみたら感動するくらい登りやすいですよ!

同じジムで登っているんボルダリング仲間にも紹介したところ、数人がすでに購入しています。笑

マジでもっと人気が出てもおかしくないと思っています。

Amazon,楽天,Yahoo!ショッピングで買うことができますので、一度チェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる