ボルダリングに初めて行く時に知っておきたいこと

のアイコン画像

ボルダリングに初めて行こうと思っているけど、どうしたらいいの?予約とかなしでいきなり行っても大丈夫?

こんな悩みに答えます。

最近ブームになりつつあるボルダリングですが、まだまだやっている人も少なく、どうやって始めたらいいのかわかりづらいです。

この記事では、初めてボルダリングに行く人が迷わないように、予約からボルダリングジムに行った時にどうしたらいいかまで解説しています。

最後まで見ると、ボルダリングに初めて行く時の不安がなくなりますので、ぜひ参考にしてください。

目次

ボルダリングに初めて行く時に知っておきたいこと

ボルダリングに初めて行く時に知っておきたいこと

ボルダリングに初めて行く時に知っておきたいことを書いていきます。

予約は必要?

ボルダリングに初めて行く時には予約が必要なのでしょうか?

予約なしでいきなり行ってOKです。

たまに、団体予約や臨時休業で使えない場合もありますので、念のため各ジムののホームページやSNSで確認してから行くようにしましょう。

また、車で行く場合は、駐車場の有り無しも調べておいた方がいいでしょう。

ボルダリングジムは入りづらい?

ボルダリングジムって、いざ到着しても入りづらい雰囲気があります。

僕も初めて行った時は、入りづらいと感じて一瞬帰ろうか迷いました。笑

入ってみるとめちゃくちゃウェルカムな感じなので、安心して入り口のドアを開けてください。

体験コースは予約が必要な場合がある

ボルダリングジムに行く時に予約は不要ですが、通常より丁寧にレクチャーしてくれる体験コースを希望する人は予約していくことをオススメします。

ボルダリングの体験コースを予約する方法は以下になります。

  • 直接ボルダリングジムに問合せして申込む(各ジムのサイトから申し込む)
  • 予約サイト経由で申込む

体験コースは、予約サイト経由だと安くなる場合があります。

予約サイトは、色々ありますが、僕のオススメは「アソビュー」と「じゃらん」です。

行く予定のボルダリングジムが掲載されていたらラッキーなので探してみてください。

また、どこのジムに行くかまだ決まっていない人は、ここから探してみてもいいかもしれません。

体験コースに限らず、初回利用時の割引もあったりしますので、一応確認しておくといいですよ!

のアイコン画像

このあとにも書きますが、ボルダリングの初回料金は結構高いです。できる限り安くいきましょう。

ボルダリングに初めて行く時の服装や持ち物は?

ボルダリングに初めて行く時の服装や持ち物は?

ボルダリングに初めて行く時の服装や持ち物について答えます。

ボルダリングに適した服装でやろう

ボルダリングをする時の服装は、とにかく動きやすいならなんでもOK

特に決まりはありません!

  • Tシャツにジャージ
  • Tシャツに動きやすいズボン

こんな感じでOKです。

ボルダリングでは、足を開いたり高く上げたりすることもありますので、硬くて動きづらいズボンはNG!

また、女性の場合は以下の服装は絶対にやめた方がいいです。

  • 胸元のゆるいTシャツ
  • スカート
  • ショートパンツ

スカートの場合、たぶんボルダリングをさせてもらえません。笑

ショートパンツは動きやすいですが、パンチラの可能性があります。もし、ショートパンツでボルダリングをする場合は、スパッツやレギンスを履くようにしましょう。

シューズなどの道具はレンタルしよう

ボルダリングに必要な道具は、シューズとチョークくらいです。

これらは、ジムでレンタルをしましょう。

私はまず形から入るタイプなんです!なんて人でも最初は必ずレンタルにしておいてください。

レンタルシューズのサイズ選び

ボルダリングで履くシューズ(クライミングシューズ)は、サイズ選びが難しいです。基本的には、普段履いているシューズよりも『0.5cm~1cm』小さめを選ぶことをオススメします。

あまり大きいサイズを履いていると、ホールドに立ちづらくなり、結果的に登りづらいと感じてしまいます。

ただし、履いているだけでも痛すぎるようなら無理して小さいサイズを選ぶ必要はありません。

履いていてちょっときついけど、つま先立ちしても耐えられるくらいにしておきましょう。

選んだサイズのシューズで登っていて、あまりにも痛い時は、スタッフにサイズ交換をお願いしてください。

シューズのサイズ選びが難しいことは、スタッフもわかっていますので遠慮せずにお願いしてくださいね。

靴下は必ず持っていこう

レンタルシューズをする時は、靴下の着用が厳守となりますので、忘れずに持っていきましょう。

多くの人が履いていて、衛生面で靴下の着用が義務付けられているジムがほとんどです。

小さめのシューズを履くため、できれば薄手の生地の靴下がオススメです。

薄めのくるぶしソックスとかがあるといいですね。

爪が長い人は切っておこう

ボルダリングは手でホールド(石)を掴んで登っていくスポーツです。

なかには指先で保持をしなければならないホールドもあります。

爪が長いと、ぶつけて割れてしまうことがありますので必ず切って行くようにしましょう。

また、足の爪も切っておきましょう。

足の爪が長いと、シューズを履いた時に当たって痛くなるので、忘れずに切って行きましょう。

初めてのボルダリングでかかる費用は?

ボルダリングジムの利用料は、2,000円前後のところが多いです。

初めてボルダリングジムを利用する時は、これにプラスで初回登録料が必要となります。

初回登録料は、ジムによって違いますが、おおむね1,000円~1,500円くらいのところが多いです。

また、レンタル代もかかりますので、初めてボルダリングに行く時にかかる費用は「初回登録料」+「ジム利用料」+「レンタル代」となります。

  • 初回登録料:1,000円~1,500円
  • ジム利用料:2,000円前後
  • レンタル料:300円~500円

ボルダリング予約サイト経由でお得

先ほども書きましたが、この高い金額を少し解消してくれるのが、「アソビュー」や「じゃらん」経由での予約です。

たぶん、ほとんどの方が「高い」と思っているはずなので、「アソビュー」や「じゃらん」でボルダリングジムを探してみてください。

ちなみに、2回目からは「ジム利用料+レンタル代」だけで楽しむことができるので、高くても2,500円くらいです。

ボルダリングジムに着いたらやること

ボルダリングジムに着いたらやること

ボルダリングのジムに着いたら、まずは受付をしましょう。

受付時には必ずボルダリングが初めてだということを伝えてください。

初めての人には、丁寧にルールやマナーについて教えてくれますよ。

ボルダリングジムの注意事項など

ボルダリングジムにはルールやマナーがあります。

登る順番は少し離れたところで待つ

ボルダリングの壁を登るのは、基本的に1人ずつです。

他の人が登っている時は、少し離れたところで待ちましょう。

近くで待っていると、登っている人が落ちてきた時に大変危険です。

必ず、壁から少し離れたところで待つようにしましょう。

登る前に準備運動をしよう

ボルダリングは、全身を使うスポーツで、結構身体に負荷がかかります。

いきなり登り始めると怪我をする確率が上がりますので、登る前には準備運動をしましょう。

準備運動では、肩や手首、股関節を動かして温めておくことをオススメします。

せっかくの楽しいボルダリングがけがで台無しにならないように、必ず準備運動はしておきましょう。

いよいよボルダリング開始

受付後、スタッフからルールやマナーを教えてもらったら、いよいよボルダリング開始です!

ボルダリングのルールは、カラフルなホールド(掴む石)を辿ってゴールまで登っていくという簡単なスポーツです。

登れた時の達成感は半端ないので楽しんでください。

まずは一番簡単な課題に挑戦しよう

ボルダリングには、登るルート(課題)がレベル別に分けられていて、これをグレードと言います。

まずは、一番簡単な課題に挑戦してみましょう。

ジムには、グレード表という課題のレベルが明記された表があるので、グレード表を参考に簡単なレベルの課題を探してみましょう。

★グレード表のついて詳しく知りたい方はこちらがオススメ:ボルダリングのグレード表を解説【見方を覚えて自分に合ったレベルに挑戦しよう】

ボルダリングのルール

ボルダリングは、スタートホールド(Sが書かれたホールド)を両手で持ち、身体を地面から浮かせたらスタートです。

同じ色、形(番号、アルファベット)のテープのついたホールドをたどって、ゴール(Gが書かれたホールド)まで登っていきます。

ゴールのホールドを両手で保持をして3秒程度静止できれば課題クリアです。

一瞬だけ両手で触ったのではゴールとはなりませんので注意!

コツは腕を伸ばし足を使って登ること

コツは、なるべく腕を伸ばして足を使いながら登ることです。

腕の力だけで登ってしまうとすぐに疲れてしまうので、ちょっとだけ意識してみてください。

早い人は1回登っただけで腕がプルプルして限界がきます。

せっかく来たのに、1回で登るのが辛くなったらもったいないですよ!

スタッフに聞くと実際に登る姿を見せてくれます。

わからないことは、どんどんスタッフに聞きましょう。

のアイコン画像

ハシゴを登るようなイメージで登っていくといいですよ!

ボルダリングを楽しみましょう

ここまで初めてボルダリングに行く時に知っておきたいことを書いるだてきました。

これを見てからボルダリングジムに行けば安心です!

ボルダリングは、東京オリンピックの正式種目となったスポーツクライミングの1種目なので、これから人気が高くなってくると予想します。

また、めっちゃ楽しくて、社会人の趣味としても人気が高いです。

1回行って楽しかったらぜひ続けてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる